探偵業の届出を行っている業者を選ぶ|選び方その1

ヘッダー背景

探偵業の届出を行っている業者を選ぶ。

現在、少なくとも探偵や興信所と名乗って営業している業者は、探偵業の届出を行っているはずですので、選び方のポイントとしてあえて取り上げる必要もないかもしれません。

しかし、ほとんどの業者が届出を行っているからと油断していて、万が一、届出をしていない業者にあたった場合はトラブルにもつながりやすく、後悔してもしきれませんので、最低限クリアにしておきたいポイントです。


まずは検討している業者のホームページ上で届出番号を確認し、記載がなければ直接業者に問い合わせて確認しましょう。

届出証明書番号は、以下のように、今のところ8ケタの数字で、届出を受理した公安委員会名が併記されているのが一般的です。

《例》東京都公安委員会 第12345678号

それでも確認が取れない場合、また記載があっても怪しいと思った場合には、管轄している警察署へ問い合わせてみるのも一つの手段です。

届出の際は、その業者の所在地を管轄している最寄りの警察署へ届出ます。

従って、ホームページ記載の所在地の警察署の担当部署(だいたいは生活安全課)に電話して○○という業者の届出はあるかどうかを聞いてみるといいかと思います。


もちろん届出を済ませているからと言っても、なにか警察がその調査会社にお墨付きを与えたというわけではありません。

単にその業者が探偵業を行うことを届出て、公安委員会が受理したということにすぎません。

しかし、届出を行えば、法律の規制を受け、警察の監督下に入りますので、それほど無茶はできません。

また定期的に事務所に対して警察の立入検査があります。

立入検査では、重要事項説明書や契約書などの書類のチェック、従業員名簿や従業員教育はちゃんと行われているかどうか、また個人情報保護やコンプライアンスなどが適切に行われているかなどもチェックを受けます。

その結果、もし違反があれば行政処分など処罰を受けることになります。

こうしたことを考え合わせれば、少なくとも届け出を行っている業者であれば、ひとまず検討対象として考えてもいいのではないかと思います。

料金については⇒探偵興信所の料金相場

選び方のポイント

探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料