報告書作成費の相場について

ヘッダー背景

報告書作成費の相場について

興信所の料金の中に、報告書作成費という名目の費用があります。

文字通り、報告書作成費とは依頼人に提出する報告書を作成するための費用です。

現在では、この報告書作成費は調査料金に込みという探偵・興信所が多く、別途請求する業者の方が少ない印象を持ちます。

以前は、この報告書作成費を別途請求する興信所も結構あったと思います。

と言いますのも、一昔前までは証拠撮影に使用するカメラもフィルム式が主流でしたし、パソコンも無かったからです。

調査が長期にわたれば、その間に撮影する証拠写真の枚数も膨大になりますので、当然フィルム代や現像代も馬鹿になりません。

また、その写真の中から、報告書に使用する写真を選定、編集、貼り付けなどの作業量も多く、報告書を作成するにもそれなりの時間を要していました。

なので、そうしたフィルム代や現像代、作成に要する手間賃としての報告書作成費にもそれなりの正当性がありました。

しかし、現在では、証拠撮影はデジカメやビデオカメラが主流ですので、フィルム代や現像代などもかかりません。

報告書作成に必要な実費も、用紙代、DVDディスクなど画像等の記録媒体代、その他報告書の表紙などの装丁代ぐらいではないでしょうか。

また、作成に必要な作業も、撮影した画像や動画はパソコンに取り込めば、簡単に編集できてしまいますので、作業効率も大幅に向上しています。

こうしたこともあり、報告書作成費は調査料金に込み、もしくはサービスとする興信所が増えてきています。

しかし、一方では今でも報告書作成費を別途請求する興信所もあります。

その際の金額は、大体5,000円~10,000円あたりが相場のようです。

中には、報告書内容にもより、調査日数が多く内容量も多くなる場合には30,000円というように、若干高めのところもあります。

また、1部は無料だけれども、2部必要だという場合や後からもう1部欲しいという場合には、もう一部は有料というところもあります。

これらは、各探偵社の方針ですので、一概にどれが良くてどれが悪いというわけではありません。

無料、有料を問わず、きちんとした内容の報告書を提出してくれれば依頼人としては問題ないかと思います。

ただし、探偵・興信所を比較検討する際には、報告書作成費を別途としている業者の料金の総額と、報告書作成費は込みとしている他の探偵社の料金の総額と比べてどうなのかという視点で検討する必要はあるかと思います。

もっとも、探偵の仕事自体、そもそも報告書を提出していくらという仕事ですので、報告書作成費は込み、もしくはサービスとしている興信所の方が良心的な印象を受けるのは否めないかと思います。

探偵や興信所の料金の相場(HOME)はこちら。

関連ページ

興信所をお探しの方はこちら