浮気調査の料金をできるだけ安く抑えるには?

ヘッダー背景

浮気調査の料金をできるだけ安く抑えるには?

当サイトでも解説してきましたが、浮気調査、特に尾行については誰もが簡単にできるというものではないことから、その料金も決して安い金額ではありません。

不倫問題を抱えている方が経済的にも余裕がある方ばかりであればいいのですが、一般的にはやはり経済的にも厳しい方も多く、できるだけ料金を安く済ませたいという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、安く済ませたいという方が陥りがちなのが、金額ばかりに目が行ってしまい、相場を度外視したあまりにも安すぎる探偵や興信所に依頼してしまうことです。

もちろん心情的にはわかるのですが、調査の質という観点から言えば、当サイトではあまりお勧めしていません。

中には破格の金額できちんとした結果を出す探偵や興信所もあるかもしれませんが、ある程度適正な金額というものがあり、あまりにも料金的に無理をすると、調査内容にしわ寄せが及び、結果として報告書も役に立たず、問題解決に至らなかったということにもなりかねません。

なので、ここでは相場を考慮しながら適正価格を維持しつつ、その上で浮気調査の料金をできるだけ安く抑える方法はないものかどうかを考えてみたいと思います。

当サイト「探偵や興信所の料金相場」でも見てきたとおり、浮気調査などの料金は、諸経費や手数料などを除けばその大部分は、現場で実際に尾行を行う調査員に対する人件費だということがわかります。

その人件費は調査員の稼働時間数(日数)と稼働人数によって算出されます。

調査員の稼働人数は、どこもあまり大差なく、また各探偵や興信所の方針によって決まってきますので、稼働人数についてはこちらで左右できる余地はあまりありません。

となると、稼働時間や稼働日数を減らすことができれば、全体としての料金も安く抑えることができることになります。

では、どうすれば稼働時間や日数を減らすことができるのでしょうか?

それには、依頼人側で可能な限り、配偶者が不倫をする日取りを絞り込んだ上で依頼すれば、調査にかかる時間や日数を抑えることができ、しいては料金も安く抑えることができることになります。

浮気日を特定するために

浮気調査を依頼する目的も人それぞれですが、上述しましたように、とにかく決定的な浮気の証拠を押さえることを目的とするのであれば、自分である程度情報収集を行い、可能な限り浮気日を特定し、後は証拠撮りだけという状況にしてから依頼した方が料金を安く抑えることができます。

そのために、どのように情報収集を行えばよいのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。

浮気をしている配偶者の行動を記録する

普段生活を共にしている夫婦であれば、配偶者の様子に変わったところがあれば、すぐにピンと来るものです。

特に女性の場合にはこうした勘が働きやすいものです。

しかし、普段夫婦関係も疎遠だったり、男性の場合にはなかなかこうした勘が働かない場合もあります。

そこで、浮気を疑ったら取り乱して問いただすのではなく、黙々と相手の行動記録をメモ帳なりノートなどに記しておくことをお勧めします。

外出時間や帰宅時間はもちろんのこと、配偶者の行動で気が付いたことをつぶさに記録していくと、ある程度行動パターンが読めてくるものですし、浮気日が浮上してくる可能性もあります。

配偶者の身の回りのものから情報収集する

衣類、持ち物、カバン、スマホ、パソコンなど配偶者の身の回りの物を可能な限りチェックし情報収集を行います。

特に、配偶者のスマホやパソコンが見れる状況でしたら、例えばメールやSNSのメッセージ、投稿記事や交遊関係等から浮気日や相手の情報などもわかる場合もありますし、場合によっては浮気場所なども特定できるかもしれません。

ただし、身の回りの物を物色したことによりバレてしまっては元も子もありませんので、身の回りの物を触ったら、必ず元通り原状回復を心がけましょう。

こちらが家を空ける時を狙って依頼する

上記の方法でもなかなか浮気日を特定できないという場合、こちらが仕事や出張などで家を空ける日を狙って探偵に浮気調査を依頼するという手もあります。

もしくは理由を付けて故意に家を空け、浮気をしやすい状況を作って、その日に依頼するという方法もあります。

しかし、もしその日は何もせず空振りに終わってしまった場合、費用が無駄になってしまいますので、配偶者の状況をよく見極めて行う必要があります。

イベント日に絞って依頼する

同じく、なかなか浮気日を特定できないという場合には、クリスマス、バレンタインデーホワイトデーなど、世のカップルにとって大切なイベントの日とその前後に絞って依頼するという手段もあります。

こうしたカップルにとって特別な日というのは、不倫カップルにとっても特別ですので、浮気に及ぶ可能性が高まります。

また、特別な日と言えば、誕生日もあります。

誕生日もまた二人にとっては大切なイベントですので、誕生日前後は浮気に及ぶ可能性が高いです。

配偶者の誕生日はわかるとして、不倫相手の誕生日ですが、各種SNSから相手の誕生日がわかるということもあるでしょうし、相手のメールアドレスや各種アカウントなどに誕生日を含めている場合もありますので、そうしたものから特定してみてもいいかもしれません。


以上、浮気調査を探偵や興信所に依頼する際に、できるだけ料金を安く抑える方法についてみてきました。

あまり派手に動き過ぎて、まだ決定的な証拠が得られていない段階で配偶者にバレてしまうということにならないように、自分で情報収集する際には、バレないように慎重に行うようにしましょう。

浮気調査の費用関連記事

探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料