自分で浮気調査をする際の注意点

ヘッダー背景

自分で浮気調査をする際の注意点

昨今は、配偶者のスマホやSNSなどから不倫が発覚するケースも多く、自分でスマホやSNSなどを少し調べれば、比較的簡単に浮気の証拠が得られるということも手伝ってか、最近では自分で浮気調査を行い、証拠取りまで行うという方も増えてきました。

当サイト「浮気調査の料金をできるだけ安く抑えるには?」でも、探偵や興信所に依頼する際に、ある程度自分で情報収集を行い、浮気日などを特定してから依頼した方が料金的にも安く抑えることができるということを述べてきました。

しかし、そもそも探偵や興信所に依頼する余裕も無く、全部自分で調べるしかないという方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、そのように自分で浮気調査をする際に、注意しておくべきポイントについてまとめてみたいと思います。

決定的な証拠を押さえるまで問い詰めない

自分で証拠収集をしていく中で、例えば、相手との生々しいメールが見つかったとか、不倫相手と思われる画像が見つかった、あるいはホテルのレシートなどが見つかったなど、浮気を窺わせる証拠が見つかったとします。

これで浮気は確定とばかりに配偶者に問いただしたとします。

配偶者がその証拠で浮気を素直に認めればいいですが、たいていはしらを切ったり、適当に言い訳をされてはぐらかされてしまうことの方が多いでしょう。

そればかりか、より警戒を強め、以降はなかなか証拠を押さえるのも難しくなってしまいます。

なので、自分で浮気調査を行う際には、配偶者が言い逃れができないような決定的な証拠を押えるまでは問い詰めないことが大事です。

またそれと同時に、慰謝料請求離婚といった最悪の事態に備え、やはり裁判など法的に通用する証拠収集も必要です。

法的に通用する証拠とはどういったものでしょうか。

それは、法律の定める不貞行為、つまり肉体関係があったという事実を証明できるもの、もしくは限りなくその事実を推認できる証拠です(詳しくは⇒裁判でも通用する有効な浮気の証拠とは?)。

そのような証拠としては、例えば探偵や興信所が行うように、二人がラブホテルを出入りする現場を映像などで収めたものです。

ただし、自分で証拠収集を行う上では、このような証拠を得るのはなかなか難しいかと思いますので、できるだけ、肉体関係があったという事実を客観的に証明できるような状況証拠を複数集め、それらを組み合わせて立証していく必要があるかと思います。

自分で浮気調査を行う際は無理をしない

上述しましたように、まだ証拠が不十分な段階で、こちらから配偶者に問い詰めないということも大事ですが、自分で証拠収集を行う過程で、配偶者にバレてしまわないことも重要です。

ついつい感情的になってしまうと、こちらの態度や様子でさとられてしまう場合もありますし、配偶者の持ち物など物色した形跡があからさまにわかってしまうこともあります。

また、何とか証拠を得ようとして、配偶者を自分で尾行しようとしてバレてしまうということもあります。

上述のようにバレてしまっては、警戒が強くなりその後の証拠収集も難しくなってしまいますので、あまり無理をし過ぎないように、もし自分では無理だなと思ったら、プロである探偵や興信所に任せるというのも一つです。

こちらの動きも監視されていることを念頭に

自分ではいくら細心の注意を払い配偶者にもバレていないと思っていても、配偶者もこちらの動きや持ち物などを調べている可能性もあります。

やましいことをしているという自覚のある配偶者であれば、常にバレはしないだろうかとこちらの様子をうかがっているものですし、特に、常習者や警戒心の強い配偶者であれば、こちらの動きを冷静に監視している場合もあります。

そのような場合、こちらが相手のスマホを見るように、配偶者もこちらのスマホやパソコン、その他持ち物などを調べている可能性もあります。

自分で集めた証拠を自分のスマホやパソコンなどに保存していた場合には、削除されたり、削除しないまでも先手を打たれる可能性もあります。

なので、自分で浮気調査をする際には、集めた証拠はSDカードなど外部メモリーに保存するなど自分のスマホやパソコン上には残さないようにし、こちらが調べているという痕跡も残さないようにすることが重要です。


以上、自分で証拠集めを行う場合の注意点についてみてきました。

探偵や興信所にも、すでに配偶者を問い詰めてしまった後に浮気調査の依頼がある場合もありますし、自分でやってみたがどうしても証拠が得られないということで依頼するという方も多いものですが、こちらが気づいていることを知らず、のびのびと浮気をしている人物を調査するよりも、バレて警戒している人物を調査する方が、どうしても難易度は高くなってしまいます。

調査が難しくなれば、当然日数も余計にかかるなど浮気調査の料金も必要以上にかかってきますので、自分でやる際は、ここまで述べてきたポイントに注意して、できるだけバレないように行うようにしましょう。

自分で浮気調査をする際のアイテムの諸費用

探偵や興信所では、様々な機材やアイテムを駆使し証拠を収集を行います(参考⇒原一探偵事務所【機材編】)。

厳選された専門機材やアイテムがあって初めて、質の高い証拠が得られるといってもいいでしょう。

もちろん、一般の方が自分でやる場合には、なかなか探偵興信所が持つような高価な専門機材を用意するということは難しいかと思います。

しかし、自分でやるからと言って、ありあわせの適当な機材やアイテムで調査を行っても満足のいく証拠はなかなか得られません。

ここでは、自分で証拠を得る際に、最低限必要になってくると思われる機材やアイテムを取り上げ、その料金や費用などについて以下ページで解説しています。

自分で浮気調査を行う際の参考になればと思います。

探偵や興信所の料金相場(HOME)

浮気調査の費用関連記事

興信所をお探しの方はこちら
探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料