調査員の人数について

ヘッダー背景

調査員の人数について

調査員の人数についてですが、例えば、住所がわかっている対象者の居住確認のために出てくるところを写真の収めてきてくれというような比較的軽微な依頼もありますので、そうしたケースでは調査員1名の稼働でも大丈夫かと思いますが、初見の対象者を尾行することの多い浮気調査などでは、2名体制で行うのが一般的かと思います。

これは、なにも料金を吊り上げるという意味ではなく、対象者にばれるということ、そして、対象者を見失ってしまうというあってはならない最悪の事態を最小限に食い止めるという意味です。

面取りといって、実際に尾行する対象者と依頼人から預かった写真とを照合してからその人物を尾行するわけですが、その面取りのときは、対象者にもっとも近づく必要性もあり、尾行がばれやすい瞬間でもあるわけですが、2名体制ですと一人が面取りを行い、いざ尾行となれば、面取りをした調査員が下がり、もう一人の調査員が前面に出て尾行するなどの使い分けができるといったこともできますし、なによりも長時間の張り込み、尾行の際にトイレ交代ができます。

こうしたことから、調査員2名体制というのが依頼人にとっても調査員にとっても無理のない妥当な人数かと思います。

また、探偵・興信所の料金相場でもみてきましたが、見積もりの際にも調査員2名分の費用を提示するところが多いです。

もちろん、何が何でも2名というわけではなく、尾行中に対象者が浮気相手と接触し、事を済ませて別れたその浮気相手の住所を突き止める場合など、1~2名増員して浮気相手の方を尾けさせるということもあります。

増員するときは、もちろん依頼人に連絡を取り、どうしますかと相談して了解を得てから増員するか、1名程度の増員であれば、依頼人には増員分の追加料金をもらわずに、当初の料金内でやりくりする場合もあります。

この増員に関してですが、中には、依頼人が現場の状況が見えないことをいいことに、理由をつけてあとからさらに2名、3名と増員し増員分の追加料金をとるという探偵や興信所もあるということを聞いたことがあります。

言い方は悪いですが、結局のところ探偵・興信所側にとっては、利益を増やそうと思えば、調査員の人数を増やすか、調査日数を増やすかになってきます。

全ての探偵・興信所がそうだというわけではありませんが、中にはそうした意図をもって増員や日数の延長を求めてくる探偵がいないわけではありません。

根拠に妥当性のない増員や日数延長には慎重にならなければなりません。

したがって、こうしたことを防ぐためには、契約前の打ち合わせで、あとから増員される可能性があるのかどうか、またあるとしたら、何人までの増員になりそうなのかどうか、その際の追加料金について充分に確認しておく必要があります。

また、日数についてもどの程度の日数がかかりそうなのか、延長の可能性などについても十分打ち合わせを行い、最終的に料金の総額がどの程度になりそうなのか、納得したうえで依頼するようにした方がいいかと思います。

興信所をお探しの方はこちら