問い合わせをする際の注意点

ヘッダー背景

問い合わせをする際の注意点

探偵興信所に問い合わせる際、最初からいきなり事務所を訪問し面談をするというのは、少し勇気のいることかもしれません。

まずは、メールもしくは電話で問い合わせてから面談という流れになってくるかと思います。

その際、主にメールで問い合わせ、探偵料金の見積もり依頼などを行う場合ですが、中には非常に簡略といいますか数行程度の短文で問合わせてこられる相談者もいらっしゃいます。

当然、プライベートな事柄で、かつ、あまり公にはしたくない問題で問い合わせるわけですので、できるだけ事細かなことは話したくないという場合もあるでしょうし、初めての相手をどこまで信用していいかわからない、または何を問い合わせればよいのかわからないという場合もあるでしょう。

しかし、あまりにも簡潔過ぎて要点が掴めない問い合わせ内容の場合には、探偵側としても「詳しくはご面談の上・・・」という返答をするか、余裕を見て少し高めの料金提示をしておこうかということになってしまいがちです。

問い合わせの内容にもよりますが、料金的なことで問い合わせる際には、伝えられる範囲で要点を絞ってできるだけ詳しく書いた方が、探偵側もより実情に沿った料金の見積もりがしやすいと思います。

詳しくといっても、もちろん、悩みや心情的なことを延々と長文に書けばいいというわけではありません。

探偵側が知りたいのは、依頼しようとする調査に関しての対象者情報などを含めた具体的な内容という意味です。

探偵や興信所に問い合わせをするのは、もちろん初めてという方がほとんどだと思いますので、ここでは、問い合わせる際に、どういった点に注意して問い合わせればよいのか見ていきたいと思います。

初回問い合わせ時にはどのような内容を伝えればよいのか?

探偵や興信所のホームページ上には、たいてい「お問い合わせフォーム」が用意されています。

相談者自身の情報は各項目に沿って埋めていく形になりますが、「ご相談内容」の欄には、以下項目を参考に記入していくと興信所側もわかりやすいと思います。

どのような調査に関する問い合わせなのか?

浮気に関する調査なのか、所在が分からない人物の住所を調べる調査なのか、人物の素行についての調査なのかなど、まず何の依頼についての問い合わせなのかを明確に伝えましょう。

ただし、依頼内容がどの調査に該当するのかわからない場合には、下記、「何を調べたいのか?」を明確に伝えるようにしましょう。

相談者と対象者の関係性

例えば、浮気調査であれば尾行する対象者は旦那さんなのか奥さんなのか、彼氏なのか彼女なのか、住所を調べる人探しの場合、対象者は金銭を貸した相手であれば、同僚なのか恋人なのかなど、相談者から見て対象者とどのような関係性なのかを明確に伝えましょう。

対象者に関する情報

情報はあればあるほどいいですが、初回問い合わせ時としては、対象者の性別、年齢、住所(居住地域)、勤務先(職業)など基礎的な情報はわかる範囲で最低限伝えた方がいいでしょう。

浮気調査の場合は、車の使用不使用、生活パターン、浮気をしている曜日、日にちなどがわかっている場合は併せて伝えたほうがいいでしょう。

ただし、相手の具体的な個人名やその他、住所の中身や具体的な数字などは伝えたくなければ、少なくともどういった項目がわかっているかだけでもいいかと思います。

何を調べたいのか?

例えば浮気調査であれば、浮気の証拠を調べたいという場合もあるでしょうし、不倫相手の住所や年齢、勤務先、既婚か未婚かなどの身元まで調べたいということもあるでしょう。

依頼して何をどこまで調べたいのか、また、最終的な目的、着地点なども明確に伝えましょう。

他社に依頼したかどうかなど今までの経緯や状況

例えば、浮気調査であれば、他の興信所に依頼して失敗に終わったという場合、対象者も警戒していることなども予想され難易度も上がり、料金の見積りでもそうした点も考慮しなければなりません。

また、他の探偵興信所で試した方法でダメだったのであれば、別の方法を提案するなどの参考になりますので、できれば伝えた方がいいでしょう。

そのほか、相談に至ったこれまでの状況や背景など概略、また予算などの料金面での希望なども簡単に添えた方がよりいいかと思います。


上記に挙げた問い合わせ項目は、各探偵・興信所の問い合わせ用のフォームやメールなどで問い合わせる時にも役立ちますが、電話で問い合わせる際にも、上記項目に沿って、前もってまとめておくと話がスムースに進むと思います。

問い合わせ時にこちらの個人情報はどの程度伝える必要があるのか?

探偵や興信所に問い合わせる際に、まだ依頼するとも限らない場合には、できるだけこちらの個人情報は伝えたくないという方もいらっしゃるかと思います。

興信所に問い合わせる際に、相談者、つまりこちらの個人情報はどの程度伝えなければならないのでしょうか。

これも各興信所によって異なりますが、用意されているフォームから問い合わせる際には、フォーム上であらかじめ項目が設定されているかと思います。

もちろん、契約段階になれば、正確な個人情報を伝える必要がありますが、興信所側も相談者の個人情報を初回問い合わせの段階で、根掘り葉掘り聞くところも少なく、おおまかな内容を聞いてくる程度です。

では、問い合わせ時にはどのような個人情報を尋ねられるのかを見ていきたいと思います。

氏名

氏名については、中には最初から実名、本名で記入するよう求めている探偵や興信所もありますが、大多数は匿名やニックネームでOKとしているところが多いです。

もちろん、話が進んで契約する段階になれば、署名捺印が必要ですので、最後まで匿名で通すということはできません。

当サイトに掲載している探偵興信所は、ほとんどが問い合わせ時には匿名で可能としています。

性別

これも相談者がどのような年齢層なのかを知るうえで必要ですし、対象者の年齢層を知るうえでも必要となってくるものです。

例えば対象者が恋人というのであれば、対象者は相談者と近い年齢層の人物だということが推測できます。

正確な年齢を伝えることに気が引ける場合には、おおよその年齢でも構わないかと思います。

住所

住所については、大部分の探偵興信所では初回問い合わせ時には、大まかな都道府県名のみで可としているところが多いです。

相談者の方も最初から詳細な住所を伝えるのは、さすがに気が引けるかと思います。

ただ、最低限、どの地域に住んでいるのかを知っておかないと、全国に支店などがある興信所であれば、近くの支店に担当させたり、場合によっては出張などが必要なのかどうかを知る必要があり、確認のため聞かれる項目です。


以上、探偵興信所に問い合わせる際に、どのような内容を伝えればいいのかということを見てきました。

その興信所が扱っている調査依頼に関係する問い合わせであれば、どの探偵興信所でも問合わせ自体は歓迎するはずですので、まだ依頼するかどうかわからないから・・・というような遠慮は無用です。

フォームだけではなく、問い合わせ専用の無料ダイヤルを用意している興信所も多いので、都合に合う方法で、まずは気軽に問い合わせてみましょう。