料金の支払方法について

ヘッダー背景

料金の支払方法について

調査料金の支払いに関しては、クレジットカードでの支払方法と現金での支払方法とがあります。

クレジットカード決済は、大手調査会社を中心に取り扱っているところも増えつつあります。

すべての信販会社と提携しているとは限りませんが、おもだった信販会社であれば利用できるかと思います。

ふだんからカードを使い慣れている方や、今すぐに持ちあわせがなく分割での支払いを希望する依頼者にとっては非常に便利です。

すべての探偵や興信所でカードでの支払いを取り扱っているわけではありませんので、もしカード決済を希望される場合には、事前の問い合わせの段階で取り扱っているかどうか確認してみるのもいいかもしれません。

現金での支払方法ですが、これも各業者によってまちまちです。

一般的なのは、浮気調査においては、調査前に料金の半分、もしくは基本料金など一部料金を前金で支払い、残りは実費経費とともに報告書と引き換えに支払うという形が多いかと思います。

行方調査などの人探しにおいて、成功報酬制を取り入れているところは、調査前にあらかじめ定めた着手金を支払い、対象者の居所がわかった場合に報告と引き換えに成功報酬を支払うという形が一般的です。

また、全額前払いのところもあります。

この全額前金制のところは、一概には言えませんが、比較的社歴が長いところが多いように個人的には思います。

今のように法的に契約書を交わすことが義務付けられる以前には、依頼人の方も身元を明かしたくないなどの理由で契約書を交わさず依頼を請けるということも結構ありました。

また、いろんな依頼人がいますので、身元を明かしてくれたとしてもどこまで本当かはわかりません。

そうした場合、分割や後払いにした場合、調査が完了し報告しても料金をもらえなかった、もしくはすでに調査を開始しているにもかかわらず途中でキャンセルされたといった場合、料金を回収できないということになってしまいます。

しかし、やはり全額前金制では、依頼人の方も不安に感じることは言うまでもありませんので、双方が納得できる一部前金制が現実的なところではないかと思います。

「今では必ず契約書を交わすのだから、全額後払いでもいいのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

全額後払いは、継続的に依頼をくれる企業など、よほど信頼関係ができていない限り採用するところはまずないのではないかと思います。

なぜなら、浮気調査などの場合には特に、途中でやはり気が変わったのでキャンセルしたいといったことも多いですし、所在調査などでも途中で対象者の所在が分かったのでキャンセルしたいということは結構あることなのです。

また、報告書を見て想定していた結果と違った・・・など残金でさえ支払いを渋る方もいらっしゃいます。

そうした場合、いくら契約書を交わしているからと言っても、キャンセル料や報酬をちゃんと入金してくれるかどうかはわかりませんし、仮に契約書記載の依頼人の身元を手掛かりに回収に行っても行方がわからなくなり回収できないということもあり得ます。

こうした回収コストや手間を考えれば、やはり探偵側としても後払いというのはなかなか採用しにくい面もあります。

しかし、そうは言いましても、中には後払い制を採用しているところもあるようです。

よほど依頼人へのサービスを優先して良心的に採用しているのか、もしくは回収に自信があるのかはわかりませんが、数は少ないですが実際に何社かあるようです。

業者側がそれでいいのであれば、最も依頼人にとっては都合がよいシステムなのでいいことなのですが、例えば、保証人を立てなければならないとか、わずかでも前金で支払うものがあったりなど条件がある可能性もありますので、事前に支払条件をよく確認したほうが良いかと思います。

また、探偵料金の支払いのタイミングですが、もちろん契約を交わした後で支払うのが鉄則です。

依頼人の都合で急いでいる場合、もしくは業者側が急かすなどして、先に入金し契約書は後で郵送で送るなどしてトラブルになるケースもあるようです。

入金した後で契約書の内容が約束と違うとなっても、入金後では立場が弱くなってしまいます。

どんなに急いでいても、手続きは正規の手順通り、落ち着いて行う必要があるかと思います。

興信所をお探しの方はこちら