成功報酬について

ヘッダー背景

成功報酬について

探偵や興信所によっては、「成功報酬」という名目の料金を別途設けているところもあります。

人件費部分の調査料金や諸経費とは別に、もし調査に成功した場合には、成功報酬として追加料金を頂きますよというものです。

反対に成功しなければその上乗せ分の成功報酬は頂きませんというものです。

この料金体系は、弁護士の料金体系と似ています。

弁護士も、まず着手金をもらい受け、裁判等で勝訴すれば、訴額の何%かを成功報酬として受け取り、敗訴すれば着手金のみとなります。

同じく探偵や興信所の料金で用いられる場合も、依頼人の求める結果が得られなくても着手金は戻りません。

この成功報酬制ですが、対象者の住所を調べる所在調査や、家出人の現在の居所を調べる行方調査等の人探しにおいて採用している探偵や興信所が多いです。

これらの調査は、その対象者の住所がわかれば成果となりますし、住所がわからなければ成果とはならないということで、成果基準が非常に明確で、なおかつ、比較的難易度が高いといった特徴があります。

しかし、成功報酬にも問題点があります。

例えば、行方調査においては、聞き取りなどの方法で現在の居所を調べていきますが、調べ上げた住所に実際に住んでいるかどうかの裏付けを取らずに報告してしまう業者などの場合、依頼人が行ってみたら転居していた、住んでいなかったということがあります。

業者としては、住所がわかったのだから成果を主張しますが、依頼人の方は実際に住んでいないのだから成果とは認めないということで、トラブルになるケースも見受けられます。

このように、成功報酬制を採用している業者に依頼する場合には、事前に十分に成果基準について具体的に取り決めておかないと、両者の認識のズレにより、トラブルにもなりかねません。

最近では、浮気調査においても成功報酬を設けている探偵や興信所も見受けられるようになってきました。

一般の方は、浮気調査なのだから旦那さんなら旦那さんの浮気の証拠を押さえられたら成果ととらえる方も多いのではないかと思います。

しかし、基本的に浮気調査は依頼人の「疑い」をもとに調査を行うケースが多いです。

いくら依頼人がいろいろ集めた証拠を突きつけ間違いなく浮気をしているからと言われても、実際に尾行してみるまでは本当に浮気をしているかどうかはわかりません。

ましてや、依頼人の方で決定的な証拠がないからこそ、プロに依頼し、確かな証拠を得ようとするわけです。

この日に間違いなく浮気をしているからと言っても、調査期間内には浮気をせず証拠がつかめなかったという場合もあります。

このように、浮気調査のように、対象者の動き任せで、探偵側の努力、頑張りで証拠が得られるといった性質のものではない調査においては、成功報酬という概念はなじまないのではないかと個人的には思います。

そして、基本的には対象者が浮気していようがしていなかろうが、白黒にかかわらず、契約期間をきちんと尾行し、その間の対象者の動きを詳細に報告書という形で提出する限りにおいて、成功報酬は設けず、稼働した日数分の調査料金と経費をいただくというのが、多くの探偵や興信所の基本的な考え方ではないかと思います。

いずれにしましても、成功報酬を設けている探偵や興信所に依頼する前には、以下2点を充分確認する必要があります。

  1. No,1 なにをもって成果とするのか?
  2. No,2 成功した場合の報酬の金額。成功報酬を計上した場合の総額。

①は例えば行方調査であれば、対象者の住所がわかればいいのか、それとも実際にその住所に居住実態があるところを写真に収めるまでなのか等。

また浮気調査の場合であれば、浮気の証拠が得られた時点を成果とするなら、証拠とは何を指すのか?など後でトラブルにならないように、できるだけ細かく確認しておいた方がいいかと思います。

②につきましては、基本的な調査料金とは別に後から成功報酬費が別途計上されてくるわけですので、最初は成功報酬を別に設けていない業者よりも安くても、結果的に成功報酬を合算した総額の料金は込みの業者よりも高くなってしまったということにもなりかねませんので、事前に十分確認しましょう。

興信所をお探しの方はこちら