女性探偵が在籍する興信所に依頼するメリット

ヘッダー背景

女性探偵が在籍する調査会社に依頼するメリット

日本で最初の女性探偵は、戦前の岩井三郎事務所に在籍していた「天野光子」や「芹沢雅子」だと言われています(詳しくは⇒歴史や成り立ちによる探偵と興信所の違い(その1)を参照)。

時は流れて現在においては、名前こそは出ないものの、女性探偵も多く活躍しています。

興信所の仕事は、時間も不規則ですし、肉体的にもハードワークですので、やはりどうしても男性が多く、女性の比率は低いのが現状ですが、調査において、女性探偵の存在は欠かせないものとなっています。

ここでは女性探偵のメリットについて考えてみたいと思います。

女性探偵のメリット

女性が現場を担当するメリットは数多くありますが、その中でも大きく以下のようなものがあります。

対象者の警戒心を緩和することができる

浮気調査において対象者は、どうしても男が入りずらい施設を利用する場合もあります。

例えば、浮気のデート中に対象者が、ラブホテルや下着売り場、スイーツ店など、客層が女性だったりカップルが多い施設やお店などに入ることもありますが、そういった際にも、女性が同行していればカップルを装い怪しまれることなく入店することができます。

また、対象者が女性単独の場合、人通りの少ない道を尾行する際や女性宅のマンション等に一緒に入る際も、女性探偵と同行するか、単独で尾行することにより、怪しまれることなく部屋番号等も確認できます。

その他にも女性探偵がいることにより、多くの場面で対象者の警戒心を緩和することができます。

女性ならではの勘が働く

男女に関らず、赤の他人であっても同性同士なら、考え方や行動などおおよそ見当が付きます。

浮気相手が女性、あるいは不倫しているのが奥さんの場合には、同性である女性の方が、相手がどう考え、次にどう行動するかなどの勘が、男性よりもよく働きます。

こうした勘は調査にも生かされ、結果として成功率も高まります。

依頼人が女性の場合には話しやすい

浮気調査を依頼する際には、夫婦生活やセックスのことなどデリケートな話もしなくてはなりません。

旦那さんの不倫で、依頼する奥さんの中には、どうしても男性には話しにくいと敬遠される方もいらっしゃいます。

しかし、女性探偵を選べる会社であれば、話しにくいことも気兼ねなく話すことができ、結果としてそれが調査を円滑に進めることにもつながります。

これらのように、女性が現場を担当することにより、まず対象者の警戒心を解くことができ、しいては発覚などのリスクが低くなり、より現場に接近できることにより、浮気の証拠の精度も向上させることができます。

より質の高い証拠は、もちろん依頼人にとっても最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

女性探偵が多く在籍する興信所

このように女性ならではの利点が多いものの、必ずしも女性が在籍している興信所ばかりではありません。

まだまだ男性社会の業界ですので、スタッフは全員男性という興信所も珍しくはありませんし、一人でやっているような個人事務所であればなおさらです。

また、最近は女性スタッフを多く抱えていることを前面に押し出している会社もありますが、男性の浮気が多いのが現状ですので、やはり男性スタッフもバランスよく配置されなければなりません。

いずれにしても、あらゆる対象者、あらゆる状況に対応できるバランスのとれたスタッフが存在する興信所が望ましいと言えるのではないでしょうか。

そんな中、現場スタッフが約100名近くいるうち、多くの女性スタッフが在籍しているのが、原一探偵事務所です。

同社は、相談の段階で女性が応対してくれますし、実績のある会社ですので、女性の探偵に依頼したいという場合には、一度、同社に相談してみるのもいいかもしれません。

⇒詳しくは当サイト「原一探偵事務所の料金や詳細」を参照

また、代表者が女性で、相談員もすべて女性で構成されている興信所が株式会社MRです。

相談員は離婚カウンセラーの有資格者が多数在籍し、調査後のアフターフォローにも力を入れています。

⇒詳しくは当サイト「株式会社MRの料金や詳細」を参照

興信所の料金と費用相場(HOME)

探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料
その他の興信所の詳細
お役立ちサイト