探偵や興信所の選び方|あとで後悔ないための選び方とは?

ヘッダー背景

探偵や興信所の選び方

現在、探偵および興信所は全国でどのぐらいの数が存在するかご存知でしょうか?

平成25年末の時点で公安委員会に届出を行っている業者数は、5,670件あるそうです。

その数は、年々増加傾向にあります。

ちなみに平成25年においては、815件が新たに届出を行い、また687件が廃業という形で消えていったようです。

このように5000社を超える業者の中から1つに絞り込むのは至難の業と言わざるを得ません。

もっとも、このうちネットなどで検索して目にすることのできる業者はほんの一握りですが、それにしても依頼人自身が頼んでよかったと思える探偵・興信所に出会えるかどうかは、まさに縁というしかないのではないでしょうか?

よく「良い探偵・興信所の選び方」という言葉を耳にしますが、一口にこれがベストというような明確な基準というものはないのではないかと思います。

例えば、「あそこは料金が安くて良心的だ。」、「あそこは料金が高くぼったくりではないか?」など、よく値段の高い安いということを選び方の基準にしがちです。

しかし、多少費用が高くても、しっかりとした調査を行い、依頼人の目的を達成できたということもあるでしょうし、反対に料金が安かったり、会社の印象や契約時の説明でも十分納得でき好印象だったのに報告内容がお粗末で目的が達成できなかったという場合もあります。

もちろん、予算というものがありますので、値段の高い安いは重要な要素の一つです。

しかし、料金ばかりに捉われていると、他の大事なポイントを見逃してしまうかもしれません。

料金につきましては、できるだけ多くの業者から見積もりを取り、予算的に条件が合うところを見つけるのがポイントで、料金の相場などを参考に検討していただければいいかと思います。

ここでは、料金以外の要素について、どのような点に気を付ければよいのかといった選び方のポイントと、あってはならないことですが、万が一後々何かトラブルが起こったとしても最低限対処できるような選び方のポイントを挙げてみたいと思います。

選び方のポイント

興信所をお探しの方はこちら