何気ないコンビニレシートが浮気の証拠に

ヘッダー背景

何気ないコンビニレシートが浮気の証拠に

レシート

配偶者の衣類のポケットや財布、車の中やゴミ箱の中から出てきたレシート。

いっけん無造作に丸められたレシートから思わぬ浮気の証拠が得られる場合もあります。

主婦の方であれば、普段から旦那さんのそうしたレシートをチェックする習慣がある方も多いかと思いますが、男性はなかなか奥さんのレシートまで細かくチェックするという方も少ないかと思います。

ここでは改めて、浮気の証拠としてレシートのどういったポイントをチェックすればよいのかを見ていきたいと思います。

レシートから得られる情報

レジで機械的に打ち出されるレシートや領収書から得られる情報としては、以下のようなものがあります。

  • 店舗名
  • 店舗所在地
  • 店舗の電話番号
  • 利用日時
  • 購入品目
  • 利用人数(飲食店など)

まず真っ先に目が行くのは、店舗名と購入品目ではないでしょうか。

どんなお店で何を買ったのか?

例えば、男性なのに女性物を扱うお店でアクセサリー類などを購入していれば、それだけで怪しいということになります。

また、飲食店のレシートであれば、何人で利用して何を注文したのかということもポイントになるかと思います。

その次に、店舗の所在地と利用日時でしょう。

例えば、いついつはどこそこに行くと告げられていたのに、レシートには同じ日時に、告げられていた場所とは異なる場所の店舗を利用していたというような場合には、嘘をつかなければならない何かがあったと推測できます。

これらのレシート情報だけで、即、浮気の証拠とはならないかもしれませんが、その他の証拠を補完する状況証拠になりますし、特に怪しい内容のレシートではなくても、少なくとも配偶者がどこで何をしていたかといった行動を裏付ける重要な証拠となります。

どんなレシートでもおろそかにはできない

上述のようなレシートチェック程度であれば、すでにやっているという方も多いでしょうし、女性の方であれば日常、習慣的にやっているという方も多いでしょう。

また、配偶者の方も、よほど警戒心の無い方は別として、例えば、不倫相手へのプレゼントだとわかってしまうようなレシートや、その他浮気に繋がるようなレシートをわざわざ家に持ち帰るという方も少ないかと思います。

疑われそうなレシートは、たいていは受け取らないか、持ち帰らないで駅のごみ箱などに捨てて帰るでしょう。

しかし、下のようなコンビニのレシートの場合はどうでしょう。

コンビニレシートのイメージ画像

一見すると何の変哲もないただのコンビニのレシートです。

少し気にかかるのは、飲み物類を複数購入している点ですが、仕事の同僚の分も買ったのかもしれません。

また、コンビニの所在地ですが、これも外回りの仕事の方は、営業先で買った可能性もあるかもしれません。

こうしたただのコンビニレシートは、配偶者も警戒心なく持ち帰ることが多いですし、こちらもあっさりとスルーしてしまいがちですが、このようなレシートもおろそかにはできません。

さらに一歩踏み込んで、コンビニの所在地をGoogleマップなどで検索してみましょう。

レシートの住所をGoogleマップで検索した結果画像

すると、コンビニの近くにホテル街があることがわかります。

もちろん、仮にこのレシートを配偶者に突き付けても何とでも言い逃れされてしまいます。

しかし、おもしろいもので、ラブホテルを利用するカップルは、ほぼ確実にコンビニで飲み物やおやつなどを買ってからホテルに入ります。

なので、ホテルを利用した可能性が充分高く、浮気の有力な証拠になります。

もちろん、これだけでは浮気の証拠にはなりませんので、さらに決定的な証拠を得るためには、やはり、探偵や興信所に浮気調査を依頼する必要があるでしょう。

ただ、探偵や興信所に依頼するにしても、ある程度浮気現場がわかっていますので、調査日数を短縮できる可能性もあり、しいては浮気調査の料金の節約にもつながります。

レシートの所在地を検索してもホテル街ではなかった場合

上述の方法で、コンビニレシートの所在地をGoogleマップで検索してみても、特にホテル街でもなければ怪しくもないということで、それでこのレシートをスルーしてしまってもいいのでしょうか。

浮気をする場所は、何もラブホテルだけとは限りません。

不倫相手の自宅で浮気をしている場合もあります。

相手の自宅で浮気をしている場合でも、やはり、同じく近所のコンビニで買い物をしてから自宅に立ち寄る傾向が高いです。

なので、このように特に怪しいレシートではなかっとしても、スルーせずに保存していくことにより、後々、不倫相手の自宅住所を絞り込むうえでの有力な証拠になりますし、同じコンビニのレシートが複数枚出てくれば、レシートに記載されてある日時から、会っている日にちや時間帯などを絞り込むことも可能になってきます。

こうした情報は、後々、探偵や興信所に浮気調査を依頼する際にも非常に役立ちます。

レシートの保存方法

こうしたレシートは、どのように証拠として保存すればよいのでしょうか?

丸められてズボンのポケットに入っているようなレシートであれば、配偶者も気に留めてないだろうと思い、ついつい現物をそのまま保存してしまいがちです。

しかし、あるはずのものが無いとなれば、こちらが勘ぐっていることを配偶者に覚られてしまいかねません。

そうなってしまいますと、配偶者も警戒し、それ以降の証拠収集にも支障をきたすことが考えられます。

なので、こうしたレシートは、できるだけ現物で保存するのではなく、コピーするかスマホで画像に残すなどし、現物は元あった場所に現状維持で戻しておくことが重要です。


以上、レシートからわかること、また何気ないコンビニレシートも重要な浮気の証拠となりえることを解説してきました。

レシートの情報はそれだけでは決定的な浮気の証拠とはならないまでも、その他の証拠の裏付けに使えますし、配偶者の行動記録にもなりますので、どんな些細なレシートであってもおろそかにせず、できるだけすべてのレシートを保存しておくことが重要かと思います。

そして、収集したレシートから得られた有力な情報も探偵や興信所に伝えることにより、効率的な浮気調査が可能になります。

探偵興信所の料金や費用相場(HOME)

浮気の証拠関連トピック

無料相談ができる興信所↓

関連記事