時間・人員単価型料金プランの特徴

ヘッダー背景

時間・人員単価型料金プランのメリット・デメリット

「基本料金型」や「パック型」とは異なり、まとまった時間数を設けず、1時間あたり、調査員1人分の金額のみを提示している探偵興信所の料金プランの一つです。

1時間あたり調査員1名の単価×時間×人数経費

《表示例》

  • 6,000円/1時間1名

《このプランを採用している興信所》

依頼人によって事情も異なる浮気調査において、依頼人との話し合いの中で時間数や人員数を決めていくオーダーメイド的なプランと言えるかもしれません。

このプランの特徴としては、1時間単位の調査からでも依頼できるとしているところが多く、また1時間あたり人員1名という最小の単価ですので、数千円など金額の安さが目を惹きます。

しかし、1時間だけで浮気調査が完了するということはまずなく、費用の総額でみると基本料金型やパック型とそれほど変わらないという結果になる可能性があります。

もちろん、この時間・人員単価型だけではなく、他のプランと併用している探偵・興信所も多く、基本料金型のように1回の調査で3~5時間などの最低稼働時間を設定しているところもあります。

時間・人員単価型のメリット・デメリット

メリット
  • 1時間あたり1名の単価に時間数と人員数を掛け合わせていくだけですので、計算がしやすい。
  • パック型などのように未消化分の費用が無駄になるということがない。
  • 浮気調査に限らず、短時間で済みそうな簡易的な調査に適している。
デメリット
  • 時間と人員数を積み上げていくので、浮気調査が長期間にわたる場合、また、人員数が多く必要になる場合など予想外に高額になってしまいがちです。
  • 別途、諸経費の名目が細かく設定されていることが多く、しかも各名目ごとの金額が高めの場合が多い。

探偵や興信所の料金は、大部分が人件費であり、時間数と人員数で決まってきますので、この時間・人員単価型は最も基本的な探偵や興信所の料金体系と言えるかもしれません。

しかし一方では、使い方によっては時間や日数をむやみに引き延ばしたり、決定的な浮気の現場を押さえる段階で、人員の増員を5人、6人と増やされたりなど後から高額な追加費用を請求されるなどのトラブルもあるようです。

こうしたことにならないように、契約前の話し合いの段階で、必要な時間数や人員数を探偵や興信所との間でしっかりと取り決めておくことが重要かと思います。

時間・人員単価型で依頼する際の確認事項

  • あくまで1時間単位、人員1人当たりの単価ですので、金額の安さばかりに捉われず、総額で判断するようにしましょう。
  • 金額が青天井にならないように、話し合いの段階で、時間や日数と人員数を決め、後から時間の延長や増員される可能性などを確認し、そうした内容を契約書に盛り込む必要があります。
  • 請求される諸経費の内容や金額をしっかり確認し、すべての費用を合計した金額で検討するようにしましょう。

その他の代表的な浮気調査の料金体系

浮気調査の費用関連記事