探偵興信所と弁護士事務所との違い

ヘッダー背景

探偵と弁護士事務所との違いは?

浮気問題や金銭の貸し借りなどのトラブル解決の為にいろいろ調べていくと、探偵興信所と弁護士という存在に行き当たります。

どちらもトラブル解決をうたっていますし、初めてこうしたところに依頼しようとしている方にとって、両者にはどのような違いがあるのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

なので、ここでは探偵興信所と弁護士との違いについて整理してみたいと思います。

証拠があるなら弁護士へ、無ければ探偵興信所へ

身に降りかかるトラブルを解決しようと思えば、最終的には法的な解決で決着を図るケースが多いものです。

例えば、浮気問題であれば、最終的には離婚、あるいは慰謝料請求等で決着するものです。

離婚するにしても慰謝料請求するにしても、当事者同士の話し合いで決着すれば問題ありませんが、条件面で折り合いがつかなかったり、浮気相手がなかなか不倫の事実を認めない等でもめた場合には、やはり裁判等の法的な手続きで解決していくことになります。

裁判等になれば、当然、不倫の事実を裏付ける証拠が必要になってきます。

もしすでに浮気の証拠があり、後はその証拠を基に離婚を進めるか、あるいは慰謝料請求を行うだけということであれば、弁護士に依頼するべきでしょう(参考:浮気調査後の弁護士費用の相場)。

しかし、反対に証拠が無いという場合には、まず浮気を裏付ける決定的な証拠を得る必要がありますので、そうした証拠撮りのプロである興信所に浮気調査を依頼することになるかと思います(参考:浮気調査の料金)。

法的な解決を求めるのであれば弁護士に依頼し、探偵興信所はその証拠を得るための手段と考えればわかりやすいかと思います。

探偵興信所と弁護士は何が違うのか?

上述しましたように、そもそも探偵興信所と弁護士では取り扱う業務内容に違いがあるのですが、さらに、以下のような大きな違いがあります。

資格による違い

弁護士は、ご存じのとおり司法試験に合格し、その後も司法研修などを経てようやく得られる国家資格です。

方や探偵興信所は、公安委員会への届出義務はありますが、営業するという届出を行うだけですので、この届出をもって何か警察や国から特別な資格を得たというわけではありません。

極端に言えば、だれでも届出を行えば、その日から開業できるのです。

もっとも、ノウハウや調査力が無ければ、当然営業が成り立ちませんので、一般的にはどこかの興信所に勤め経験を積むか、専門の学校などで技術を学んでから独立することになります。

いずれにしましても、両者の資格に関してはこのような違いがありますので、その取り扱える業務もおのずと違いがあるのです。

調査能力による違い

クライアントから依頼を受け、そのトラブル解決に向けて事実確認や証拠収集の必要性がある場合には、弁護士においてもその職務上の権限で、ある程度の調査は可能です。

例えば、相手の戸籍や住民票なども職務上請求で取得することができますし、その他、弁護士会照会、いわゆる23条照会で、一般には入手困難なさまざまな情報を得ることはできます。

しかし、このような強力な権限があっても、こと浮気の証拠となると、弁護士と言えども自ら尾行張り込みを行い、証拠撮影するということまではしません。

やはり、浮気の証拠取りに関しては、探偵や興信所の専売特許と言えるでしょう。

その他にも、職務上請求で調べても見つからないような訴訟相手の行方調査などにおいても、興信所に分があると言ってもいいかもしれません。

代理権の有無による違い

弁護士は依頼人に代わって交渉や和解、訴訟などを行える代理権があり、浮気相手との慰謝料に関する交渉や示談、訴訟など法的手続きを進めることができます。

つまり、浮気の証拠を得てそれをもとに浮気相手に慰謝料請求する場合や、貸金の返済を求めて相手と返金交渉を行うなどといったことは弁護士にしかできません。

なので、弁護士資格のない探偵や興信所は、浮気調査などで証拠を得ることまでしかできず、示談や訴訟がともなうような法的な解決まではできません。

探偵興信所と弁護士との連携

弁護士は自分のクライアントの案件を解決に導くには証拠が必要で、探偵や興信所は証拠を取ったあと、自分の依頼人を最終的な解決に導くためには弁護士を必要とする場合もあります。

それぞれの扱う業務は異なるとはいえ、以前より特定の分野に関しては持ちつ持たれつの関係でもあるのです。

そのため、弁護士に依頼しても証拠が不十分な場合には、弁護士から探偵や興信所を紹介されるということもありますし、探偵や興信所から法的な解決の為、弁護士を紹介するということはよくあることです。

弁護士の中には、おかかえの興信所と連携しているところもありますし、探偵や興信所の方も特定の弁護士と提携しているところも多いです。

弁護士資格のある探偵興信所ってあるの?

上述のように、それぞれが独立した弁護士と探偵や興信所が連携し合っているという関係性は以前からあったのですが、最近では弁護士が直接運営に乗り出しているという調査会社も増えてきています。

つまり、調査⇒法的な解決という一連の流れ作業を1社ですべて行えるので、依頼人からすれば、探偵⇒弁護士とわざわざ渡り歩かなくてもワンストップで問題を解決できるので効率的ですし、訴訟まで含めたトータルの料金も割安になるなどのメリットがあります。

また、どのような証拠を押さえれば、裁判を有利に進められるのかということに精通しているため、一般の興信所に依頼するよりも非常に的確で効率的な浮気調査が行えるというのもメリットかと思います。

このような弁護士が直接運営している興信所として、以下の2社をご紹介したいと思います。

もし法的な解決を見据えた調査をお考えの場合には、一度、相談してみるのもいいかと思います。

探偵や興信所の料金と費用相場(HOME)

弁護士が運営する探偵はこちら

探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料
その他の興信所の詳細
お役立ちサイト