裁判でも通用する有効な浮気の証拠とは?

ヘッダー背景

裁判でも通用する有効な浮気の証拠とは?

スマホやSNSなどは、浮気をしている二人にとって、お互いの関係を深める格好のコミュニケーションツールです。

それは一方で、浮気の証拠ともいえる痕跡を方々に残しているともいえるわけで、少し調べれば、比較的簡単にそうした痕跡を見つけることができます。

実際に配偶者の浮気が発覚するのも、そうしたスマホやSNSなどから発覚することも多いようです。

しかし、浮気の証拠を見つけても、その使い方を間違えれば、かえって事態をこじらせ、解決が遠のいてしまうという結果にもなりかねません。

ここでは、どのような浮気の証拠が有効であり、それをどのように使えばよいのかといことについて考えてみたいと思います。

配偶者に浮気の証拠を突きつける前に考えておくべきこと

例えば、配偶者のスマホなどを調べてみると、浮気相手と思しき人物とのメールのやり取りが見つかった、あるいは浮気相手と思われる異性と一緒に写っている画像が見つかったとします。

見つけたこちらとしては、これがどういうことなのか確認したい、あるいは頭に血が上って怒りをぶつけたいという衝動に駆られ、証拠を突きつけ配偶者を問い詰めてしいがちです。

しかし、このように問い詰める前に、以下の2点を考慮しておく必要があります。

その証拠で配偶者が認めるのか?

メールでのラブラブなやり取り、あるいは体を寄せ合って一緒に写っている画像などが見つかれば、だれでも決定的な浮気の証拠だと断定してしまうでしょう。

感情的に高ぶっている時であればなおさらです。

しかし、いざ証拠を突きつけて問いただしても、配偶者が認めて謝罪するというケースもあるかと思いますが、たいていはああでもないこうでもないと言い逃れするものですし、逆ギレやダンマリなどなかなか認めないものです。

認めないだけならまだしも、内心ではバレた!とばかりに、こっそりと浮気の証拠となるようなものをすべて消し去るとともに、さらに用心深くなり水面下で浮気を続けるということもありえます。

こうなってしまえば、これ以降、核心的な証拠を得ることは困難になってしまいますし、さらに見えないところで浮気相手との関係を深め事態を悪化させてしまいかねません。

なので、まずは配偶者の性格的なものも見極めながら、その証拠が、果たして配偶者が言い逃れできないぐらいのレベルの証拠なのかどうかということをさまざまな反論を想定しながら検証してみる必要があるかと思います。

裁判でも通用する証拠かどうか?

配偶者がなかなか認めなかった場合、当然こちらのモヤモヤが解消されるわけではありません。

こちらのイライラを配偶者にぶつけ、喧嘩になる・・・ということを繰り返し、次第に夫婦仲も悪くなり、結果として離婚を選択せざるを得ないという状況にもなるかと思います。

しかし、配偶者が離婚に応じなければ、結局は調停や裁判で決着をつけるということになります。

そうなると、今度は調停員や裁判官など法律のプロを納得させられるだけの浮気の証拠が必要になります。

配偶者にさえ言い逃れされてしまう程度の証拠が、果たして裁判で通用するのかという点を考えてみる必要があります。

今の証拠だけでは裁判に勝てない場合には、さらに核心的な証拠を得る必要がありますが、すでに配偶者が抹消した後ですので、新たに証拠を得るのはなかなか難しくなってしまいます。

このように、メールや画像が浮気の証拠にならないというわけではありませんが、言い逃れされてしまうような中途半端な証拠をもとに、感情的に問い詰めてもこちらがますます不利になってしまうということ、そして、最悪は裁判になることも念頭に置いて、しっかりとした証拠固めをすることが重要ではないでしょうか。

裁判でも通用する浮気の証拠とは?

上述しましたように、行き着くところは裁判ですので、裁判でも通用するような誰が見ても動かざる決定的な証拠固めをすれば、事態を長引かせずに、こちらに有利に事を進めることができるかと思います。

また、裁判でも通用するぐらいの証拠内容であれば、配偶者も認める可能性が高くなります。

それでは、どのような点に気を付けて証拠固めを行えばよいのでしょうか?


まず、裁判を想定するのであれば、法律が定めるところの不貞行為があったということを立証しなければなりません。

不貞行為とは、ずばり肉体関係のことです(詳しくは⇒不貞行為とは?を参照)。

裁判で離婚を認める認めない、また慰謝料請求や額を認める認めないという判決を下すのは裁判官です。

よって、裁判官が肉体関係があったという事実を確認できるもの、あるいはその事実を推認できる証拠でなければなりません。

こうした観点から考えれば、最も証拠能力として高いのは、二人が行為に及んでいるところを直接画像等に記録したものです。

しかし、そもそも浮気というのはバレないように行うものなので、たまたま自宅で抱き合っているところを直接目撃するとか、カーセックスの最中を映像に収めるなどの極稀なケースを除いては直接的な証拠を得ることは難しいでしょう。

なので、一般的には、肉体関係があったという事実を客観的に、限りなく推認できる証拠ということになります。

では、だれが見ても肉体関係があるということを推認でき、言い逃れの出来ない証拠能力の高いものとして、どのようなものがあるのでしょうか。

ラブホテルを出入りしている映像

ラブホテルの利用は、そもそも目的がはっきりしています。

「入っただけで何もしていない」という言い訳もできますが、一般常識的に考えて、ラブホテルに男女が入れば目的は一つですので、合理的に考えて、高い確率で浮気していると推認できる証拠です。

ただし、ラブホテルの入退出時の時間も記録し、そうした行為を行うに十分な時間滞在したということも併せて提示することも重要です。

また、メール内容等、裏付けとなるような他の証拠も併せて提示することにより、より証拠能力が高まるかと思います。

浮気相手宅への出入りの映像

浮気相手のアパートやマンションの場合、ラブホテルのように必ずしも目的がはっきりしているとは言い切れません。

なので、どの程度の頻度で出入りしているのか、入退室前後の様子、滞在中の様子、滞在時間等、ある程度詳細な記録が必要かと思います。

これも同じく、裏付けとなるような他の証拠も併せて提示することにより、より証拠能力が高まるかと思います。

配偶者の自白

浮気をした配偶者本人の自白も有力な証拠です。

ただし、裁判になってから自白をくつがえすということもありえますので、ボイスレコーダーなどに録音しておくか、自筆で自白内容を書かせ署名捺印をした書面などに残しておく必要があります。

浮気は認めているものの、離婚には応じないなどで裁判になるようなケースでは有力な証拠と言えるでしょう。

その他の証拠

その他にも証拠となるようなものには様々なものがあります。

  • スマホやパソコンのメール内容
  • SNSなどのメッセージ
  • 二人で写っている画像や動画
  • 電話の通話履歴
  • ホテルなどの領収書やポイントカード
  • 配偶者が記したメモや日記
  • 自分が記した日記などの記録
  • 第三者の証言

よく、メール内容だけでは浮気の証拠にならないなどの記述も見かけますが、確かにそれぞれ単体だけの証拠でしたら、立証能力としては低いのかもしれません。

しかし、例えば、自分で記録していた日記には、その日時には仕事と聞いていたのに、同じ日時に利用したホテルの領収書が出てきたというように、複数の証拠で矛盾点を突いていくことにより、不貞行為を立証していくことも可能です。

なので、肉体関係の事実を証明することを目的とし、それを裏付けるための証拠であれば、どのようなものであってもおろそかにはできず、複数の情報を組み立てていくことによって、証拠能力を高めていくことが重要です。

探偵や興信所に依頼して浮気の証拠を押える

上述してきましたように、一口に浮気の証拠と言ってもさまざまで、裁判でも通用する証拠能力の高いものから単体では立証が難しいものまであります。

もちろん、自分で収集できるものは可能な範囲で自分でも調べてみるべきでしょう。

しかし、上でも見てきましたように、現状、最も証拠能力の高いものは、ホテル等の出入りなど肉体関係を立証できる証拠です。

中には、自分で尾行や撮影まで行うという方もいらっしゃるかもしれませんが、一般の方がなかなか自分で尾行や撮影をするのは難しい場合もあるかと思います。

そのような場合には、やはり探偵や興信所に依頼し、決定的な浮気の証拠を押えてもらうのも一つの手です。

《参考》プロの探偵がどのように浮気の証拠を得るのか
車尾行編
張り込み・撮影編

証拠の撮影技術は、探偵興信所によっても差がありますが、報告書のサンプルなどを見せてもらいながら比較検討した方がいいでしょう。

また、料金に関しても、できるだけ多くの探偵興信所に見積もりを依頼し、料金を安く抑える工夫も必要かと思います(詳しくは⇒浮気調査の料金を参照)。

《浮気の証拠関連トピック》

離婚するしないに関らず浮気の証拠が必要な理由

ホワイトデーの浮気の証拠取りはこの日が狙い目

何気ないコンビニレシートが浮気の証拠に

探偵興信所の料金や費用相場(HOME)

浮気調査の費用関連記事

興信所をお探しの方はこちら
探偵さがしでお困りの方に

タントくんの詳細はこちら

Main Contents
探偵興信所に依頼する前に
その他の料金・費用の相場
参考資料